FC2ブログ

「神奈川県川崎」 ひと気のない ラーメン屋さんっで!


転居してから・・早1年が経過

って・・猫好き 酒好き オバンに変わりなしだけど


前の住居 川崎駅からバスで30分。
 
廃墟の医院やスナックが並び

寂れた通りに
ポッツンと一軒ある 気になる店


2しゃつた


5年前は、耳の遠いジィちゃんが一人、炭で魚を焼く姿が・・今は

この街とも お別れ。最後に寄ってやろうっ


2あした

「明日では 遅すぎる」 このスナックも営業してんのみたことないなぁ
いったい、どんな経営者だったんだろう


2正面


「 大珉 」 外からみても 物音1つしない 静け~け


ん・・の通り 客人は 雪女が独り

 ジィと 年の離れたヨメ? 無愛想に いらっしゃい!だとさ


 2め


ごちゃとした店内で、TVがあり
かったるそーに 調理する後ろ姿がぁぁ

このテンションこそ 昭和のラーメン屋!!

某チェーン店のよーな!バカデカイ声と、妙な笑顔はナイ!

やっぱ ラーメン屋の オヤジは こうでなきゃ(爆)




2らーめん




「 醤油らーめん 」 450円


おぉぉぉ! これ 生姜がほんのり 鶏ガラスープと まろやか

ひと口めは、特徴がないよーだが
だんだん、生姜とスープが もぅ止まらない!ゴクッといけちゃう

うーん 好き


んで・・次の日

またっ 客人が いまへんっ 



2やきそば


「 五目あんかけヤキソバ 」 650円

目玉焼きのっけ 

餡が やや甘め

野菜も、タマネギじゃなく 長ネギだから 嬉しいゾ

醤油味も キツくなく 調味料も控え目で サッパリ系だが

 コクのある味と ほのかな甘みが 最高



商売っ気のない お二人。またね


川崎市幸区遠藤町 「 大珉 」

スポンサーサイト



石カレイ&ヒラマサと苦手な赤出汁ダ









公園の前にポッンとある店 いつも迷っていたが
 
 突入するわよっ!!



ますかね店






 ココは 鰻と和食がメイン

ランチは お手頃価格だわ

ガラス窓から チラっと除くと 誰もいない
そー そろそろランチ終了時間







めにゅ2




1階がカウンターのみで 2階が座敷
THE 和 という雰囲気が漂う店内と ご主人がキラリ?
ヨイッショ!笑っていいとも見ながら 頂きまひょ

注文してから 魚を捌いてくれるので
少々 かかります

鰻も注文してからなので
時間が かかると 張り紙してありんす

せっかち派には 不向きな店


2ぜんたい




「石カレイとヒラマサの刺身 小鉢 735円」 ん・・細かい数字

刺身とお新香 小鉢に味噌汁と

漬物と コンニャクと小鉢は乏しい



2かれい
 




石カレイ プリッとし新鮮
白身系で淡白なのに 深い味があるよん




刺身あっぷ



「 ブリ一族の ヒラマサ 」も まろやかな風味と脂がのって
 口の中へ じゅわっ~とくる


結構 ごはんが多めと思ったが
この、赤出汁の風味 白米とあうんだわぁ

雪女、赤出汁は 「 名古屋の ツラりゃあ体験 」以来、トラウマだっ


しっこぃー味噌(爆)に頼らず シッカリした出汁が
しっけー色を和らげ、まろやかな口触り
 





ビールを飲まんと 久々 
刺身と白米 味噌汁なんかで 健康的に食べちゃった

今度は 鰻を食べなきゃ


升かね

神奈川県川崎市幸区神明町1丁目4 電話番号 044-533-0083
営業時間 不明  

なんでもござれの喫茶店で ランチ







フルーレげんかん

  
「お好み焼き もんじゃの」と軽食&喫茶のフレーズが気になり

 かれこれ、5年 食事がてら盗聴?に参上する

     「 フルーレ 」

夜から お好み焼き。 卓上で自分で焼くスタイル


客層は目の前 マンモス団地、爺&婆のサロン状態





てんない




メニューは豊富で

中華あんかけ焼きそば 980円
クリーム系のパスタ
ハンバーグ、、カツ丼、カレー、
周囲に競争店がないせいか、駅前より高め

ジャンルが幅広く  一通り食べたが

料理の固定観念に とらわれない 斬新で複雑怪奇 面白い?



日替わり



「 鶏肉&イカのオイスターソース炒め サーモンフライ 780円 」


正方形の器に 彩が綺麗




iオイスタソース


イカと鶏肉が チョイ甘めのオイスターソース味に よく絡んで
     懐かしい味

中華とは違い、田舎の家庭料理みたい




サーモン


サーモンは、カラリと揚がり
チーズが入っているが 脂っこくない




切りバシ



切干大根は、出汁の風味がよく 薄味でサッパリの味付け

いろんな おかずが楽しい。 
まぁ 味付けは なぁーんにも計算されてる気配ナシ(笑)






他に 計算されてないのは 長時間居座る 爺婆客
嫁姑問題、団地における家賃の 収入隠ぺい疑惑追及や
際どい 個人情報が飛び交い

ここへ来ると、ホント飽きないワん

「お好み焼き 洋、中 和」なんでもござれで ワイドショー付き
 



神奈川県川崎市幸区紺屋町92 TEL 044-555-8225

火曜定休 AM11時~pm9時



川崎大師で 「明石のたこ焼き」発見





引っ越しのゴタゴタで カメラが見当たらず

やっと 発見

恒例の 川崎大師
神奈川県人の雪男(ダンナ)は
お参りは 大師しか認めないっ!という

雪女も しかたなく 年中行事に付き合った


大師




この男 屋台も大師の参道以外に経験がないという

まったく 同じ所しか興味もなく 向上心もナシ



42年間 来て 初めて見た!と
大騒ぎしている 屋台が出没した




やたい




何軒もの たこ焼き文字の屋台に紛れ

1軒 ブルーの 「明石」 がポッツンとある

参道を歩く人も見てはいるが 人だかりはしてないっ!



さっそく 買うことにした


雪男は この参道で たこ焼きを 幼少より
 食べている


たこやきパック





んで・・どう 川崎大師VS明石・と尋ねると

「・・・あ・・・・・」沈黙 
ねぇ ブログにするんだからサ なんか言って

「 まぁ大きい?中がフンワリ。言われなきゃわかんないかもな」 
 だとサ


ニィちゃの説明では 生地にマヨネーズが仕込んであり
出汁も関東のとは 違うということ


後で 関東たこやきを買って食べ比べたが
確かに明石は まろやか風味で
関東たこ焼きのように、粉のバサついた食感がなく スルリと食べやすく
ついつい、パクついてしまう 魅惑的だ



たこやきアップ



まぁ ホンマの 明石たこ焼き 食うたことナイんで
よぉ わからんのですが

寒空の中で 食べる アツアツの、まんまるいたこ焼き


明石の風が びゅゆゆゆんと 吹いたかな(爆)

三惚天丼  神奈川県川崎にて






いつも駅へ行くコースの 裏道を眺めたら


新しい店が2軒オープンしてた

インド料理と天丼だ

まぁ しばらく立ち止り 悩んだ挙句 
 




2さんほれげんかん


「 三惚 」  黄色い看板が 隣のインド料理店に負けじと
和食ながら、カラフルに迫ってる


ランチ 「 三惚天丼 700円 」







2さんほれめにゅー



中年男性が、たった一人で 天ぷらを揚げている



川崎大師の参道にあったらしぃが 駅前再開発で
ココへ移転 結構有名店らしいのだっ





2てんどん全体





さて登場
う・・ん テカッとしたタレの黄金の光がぁぁ

スポットライトに照らされて・・とちゃうワ
まぁ とにかく いただきまひょ



醤油味がメインで 甘味は少ない 
旨く 天ぷらと絡んでいないけど 

まぁ あっさり系として 味わえるけど


2てんどん大






「衣」が とぉおおおても 粘りつくき 堪能しちゃう
 「 衣ライス・・ 」 まぁ これが天丼の真実と認識できるべ





海老2本、玉ねぎ、さつまいも、ブロッコリー キスで 賑やかだったが


しかしっ 味噌汁は えれっ~濃い! しょっぺ
出汁もミステリィーな風味


名のとおり「 三惚 」 いやぁぁ
う~ん  それより




2あげだま



あげ玉 100円。袋に山ほど入っていたが・・・

  おこげ色に
・・ 見惚れてしまった (爆)



[三惚] 川崎市幸区中幸町4-49

11:30~15:00  
17:00~24:00
ランチ営業

「三惚天丼  神奈川県川崎にて」の続きを読む

プロフィール

neko雪女

Author:neko雪女
ネガティブな
生き方を 
3猫の
愛に支えられる
アラフォー世代
時間よ止まれ~墓に入るまで 
 
おいしいもの食べまくろう
裏のウラまで、覗きますっ。
B級グルメ

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QRコード